宣伝効果に最適ののぼり旗

のぼりに重要なキャッチコピー オリジナルのぼり旗を作るには

人件費を削減して効果的に宣伝をしたいならのぼりが活用できます。
お店の前に設置しているだけで宣伝になるので一度作ってしまえば
ランニングコストがかからないです。


理にかなっている商品ですが、作るときにやキャッチコピーに注意をしないといけません。

キャッチコピー


基本的にのぼりはお客さんにアピールしたい部分を強調して知らせるものなので、
間違ったキャッチコピーを付けると逆効果です。


書くべき部分はお店のコンセプトや強みであって、短く簡潔にデザインをしましょう。
だらだらと長い文章で書くと非常にわかりにくくなってしまいます。


お客さんは遠くから歩いていると想定すると、その場所から
細かい文章が書かれたのぼりを確認できないです。


また、キャッチコピーはお客さんのハートをがっちり掴むような内容にします。
ボキャブラリーのあるものやわかりやすい単純なものがおすすめです。

分かりやすいメッセージ


飲食店で和食がメインのところなら「ライスの大盛り無料」の文字や、
ラーメン店なら「スープにこだわったお店です」と書いておくとわかりやすいといえます。


また1つののぼりではなく異なった複数のものを組み合わせるのも効果的です。
1つのものでは書ききれないものでも大きく複数用意できるため、
より内容を伝えやすいのがメリットと言えます。


ただし文字は認識しやすくないと意味が無いです。
ボディカラーと文字カラーは近似値にするのではく、
色合いがはっきり分かれるカラーリングにするといいでしょう。

のぼり旗で欠かせない要素!キャッチコピーのメリットと特徴

のぼり旗の宣伝効果を最大限に引き出すには、店側が消費者にアピールしたいメニューや商品、サービスに関する事を的確にキャッチコピーにする事です。 のぼりは多くの人々に見てもらう点で、ポスターのような掲示物よりも広い範囲で宣伝が行えますし、新しいのぼり旗を作る事で電飾看板のように宣伝内容が固定される事が無く、新たな情報を消費者に見せる事が出来ます。

のぼり旗は繰り返し短い文を消費者に見せるという点で優れており、店先に立てておく事で何のお店であるのかがひと目で分かる上に、店の特徴や店がおすすめしている商品の情報が直ぐに視覚的に消費者の意識に入ってきます。
キャッチコピーを繰り返し見せたいという時には、等間隔でのぼり旗を設置していくという方法も効果が期待出来るでしょう。

フォントや色合いを統一させておく事で、どのような角度からでもキャッチコピーを確認する環境を構築する事が出来ます。

付加価値を与えたい時には、キャッチコピーをよりインパクトのあるものにしておく事で店の独自性をアピールさせる事が可能です。 商品の魅力を店の前を通り掛かった人々にアピールする方法の一つとしてのぼり旗は効果を発揮してくれるでしょう。

Copyright© のぼり旗のメリットを知る All Rights Reserved.