宣伝効果に最適ののぼり旗

足つぼ

布などのような繊維製品は、火が付きやすき燃え上がりやすいという特徴を持っています。
のぼりも布を使って製作されているため、火災が発生した場合はすぐに燃え移り
他の場所に延焼をさせてしまう可能性があります。


大変燃えやすいので、多くの人が出入りする屋内やガソリンスタンドなどのような
危険な場所に設置するのは大変危険です。

安全に使用する
このような場所は、消防法の規制により防災規制の対象となるような
燃えやすい物を設置することはできません。


のぼりも防災規制の対象になるので、カーテンやじゅうたんなどと同様に
防災性能基準を満たしていなければ設置することができません。


屋内やガソリンスタンドなどでは、防災性能基準の条件を満たした
防災物品の認定を受けたものを使う必要があります。


防災性能基準の条件を満たすためには、防炎加工を施さなければなりません。
のぼりの防災加工は、特殊な液体を完成したのぼりにつけて制作したり、
防炎加工が施された布地を使って制作する場合などがあります。


燃えにくい防災インクを使って制作する場合もあり、消防法の基準を
満たしているカーテンやじゅうたんなどの商品などには、防災加工認定シールと
呼ばれている消防庁のシールが貼られています。
注意を促す

万一火災が起こっても、防災加工が施されているものは燃えにくくなります。
火がついてしまっても、焦げたり生地が溶けたりするだけで、他に延焼しないで
自然に火が消えます。


屋内やガソリンスタンドのような場所で使う時は、防砂物品に認定されたものを選ぶと良いでしょう。

Copyright© のぼり旗のメリットを知る All Rights Reserved.