宣伝効果に最適ののぼり旗

「ヒートカット加工」の効果

のぼりにはさまざまな種類の生地が使用されていますが、
布は縦糸と横糸を織って作られているものであるので
はさみでカットした部分はそのままにしていると布がほつれることになります。


このほつれ防止として、縫い代を三つ折りにして縫い止めるという方法も多く利用されています。


また、布端にロックミシンをかけてから二つ折りをして縫い止めるという方法もあります。
ほかにも、ヒートカット加工で施されているのぼりもあります。

考慮したいこと
ヒートカット加工とは、布端を熱で溶かしてほつれ防止をするという方法であり、
そもそもの素材が加熱をして溶けるような化学繊維であることが第一条件となります。


三つ折りをすると、布端がしっかりとして強風が吹く屋外の場所でも
耐久性があるというメリットがあります。


しかし、布端が三枚の布が重なっていることで風が吹いても揺れることがありません。
ヒートカット加工であれば、屋外に設置してひらひらと揺らせてアピールしたいという場合にも、
布端は風になびく軽さがあります。

アピールする内容
また、素材的にも軽量になるので、収納するにもコンパクトで持ち運びも軽くなります。
布端を4辺全て人の手作業で三つ折りをして縫うという作業がないため、
納期の早さや料金の安さというメリットも持っています。


のぼり制作では、大きさやデザイン性ばかりに力を注いでしまいがちですが、
より効果的に見せるためにも素材選びや布端の始末の方法まで考えてみる必要があります。

Copyright© のぼり旗のメリットを知る All Rights Reserved.