宣伝効果に最適ののぼり旗

のぼりの配置は慎重に

手軽に宣伝をしたい、そんなときに効果的なのがのぼりではないでしょうか。
作るのも簡単で、通りかかる人全てに見てもらうこともできる、
なんとも便利なグッズです。


しかし、どこに配置してもよいというわけではありません。
場合によっては違反になることもあり、置く場所は慎重に決めなければならないのです。


外を歩いているとのぼりを見かけることは案外多いのではないでしょうか。
しかしお店の敷地内に置かれているものもあれば、全く関係のなさそうな場所に
置かれていることもあるはずです。

場所の影響
何気なく置かれていますが、実は法律に触れることもあるので注意しましょう。
違反になる置き場所1つは道路です。


道路は県、または国が保有する敷地となっています。
そのため道路上に広告を配置するのはいけないということが道路交通法で定められているのです。


道路上で宣伝したいという場合でも、許可をとれば問題ありません。
許可の取り方としては、道路使用許可を警察署で申請するか、道路占用許可を
役所で申請することになります。


では、申請を得た場合はどこに置いてもよいのでしょうか。
ここからも注意が必要で、申請したからといってどこでも置いていいわけではありません。

ジャマにならないように
条例で定められている以下の場所は禁止されています。
1つは消火栓の上と排水口、下水道の上です。


また、通行する人の邪魔になる場所や、ドライバーの視界が妨げられる所は禁止されています。


このような場所に配置した場合、注意勧告を受けることもあるので気をつけてください。

Copyright© のぼり旗のメリットを知る All Rights Reserved.