宣伝効果に最適ののぼり旗

色とデザインに注目

象徴のぼりとは細長いきれの一端をさおの先に取り付けて立てておくもので
旗の形式のひとつになります。


起源としては平安時代以降、武士が自軍を誇示したり、敵味方の識別を
行うために用いて、軍団の象徴として掲げていました。


現在では主に広告用として利用されており、風でひらひらと揺れる布が
目に留まる、場所を選ばず建てることができるなどメリットは大きいです。


人間には狩猟本能が備わっていて、揺れるものを追う習性があります。
それだけに店舗の前に置かれていると、揺らめく布地をつい目で追ってしまう人も少なくはありません。

メリットを考える
さらに価格的にもリーズナブルになるので、求めやすくなっています。
宣伝効果を考えてのぼりを作成する場合、大切なのは色とデザインです。


まずは人の目を引き付ける、そして一目で内容を相手に伝える必要が出てきます。
そのためには凝ったデザインよりもシンプルなものが良く、分かりやすいものである方が役立ってくれるのです。


目的を考えて選ぶようにする必要があり、宣伝効果を考えるなら目を引き付けやすい色合い、
シンプルなデザインが必要となってきます。


店や商品、サービス内容が分かるように考える必要が出てきて、シンプルだからこそこだわりも大切です。


ポイントと押さえておけば、のぼりはリーズナブルでありながら広告として
とても役立ってくれます。自分がどのように表現したいのかを事前に考えて、
シンプルさを心掛けて制作してください。

Copyright© のぼり旗のメリットを知る All Rights Reserved.