宣伝効果に最適ののぼり旗

のぼりの効果的な使い方

のぼりは、なにも考えず設置しても宣伝効果は低いです。
宣伝効果を最大限発揮させるためには、ちょっとしたコツがあります。

コツを掴む
のぼりを設置するときは、1本だけではなく複数設置しましょう。
1本だけだと目立ちにくいですが、複数を等間隔に設置することにより目立つので、
通行人や車のドライバーの目に入りやすくなります。


ただし、複数を設置するといっても、適当に配置してはいけません。
1m80cmの間隔で設置していくと、人々に最もアピールできると言われています。


のぼりのデザインは、同じデザインを並べた方が良いです。
宣伝文句が同じならそれだけ多くの人々の頭に残りやすいですし、
カラーが同じなら統一感が出てきます。


しかし、テクニックの一つとして、同じデザインの中に1本だけ
別のデザインを混ぜる方法もあります。

柄
例えば、現在最も売りたい商品があるなら、そののぼりだけカラーを
変えて立てると良いでしょう。


すると、遠くから見たときに1本だけ目立つので、より注目されることになります。
他の商品よりも力を入れて売りたい商品があるなら、あえて統一感を無視することもテクニックです。


設置する場所は、店舗の敷地を考えるのも宣伝効果を高めるコツです。
道路に面しているならそれに沿って設置すれば、ドライバーへアピールすることができるでしょう。


また、角地にある店舗の場合は、3方向に設置すれば全方向にアピール可能です。配置の仕方だけでなく、立てる場所もポイントになります。

Copyright© のぼり旗のメリットを知る All Rights Reserved.