宣伝効果に最適ののぼり旗

制作にかかる期間

感覚に訴えるっかく発注するなら独自性を持たせ、他と差をつけたいと考えるのは極めて自然なことです。
のぼり旗もどこでも目にするような既製品ではなく、社名入りのオリジナルなデザインのものを
掲げていれば、この店なんか違うなと、通り客にアピールできる効果も上がってきます。


オリジナル商品になると費用も高くなり、制作期間も長くなると考えるのが普通です。
オリジナルのぼりにかかる制作日数の長短は、デザインの作成および
それにかかわる校正によりかわってきます。


また、印刷方法や数量によっても納期に若干の差が出てきます。
最近ではパソコンも幅広く普及し、個人の技術的なスキルも上がってきています。

スキルを上げる
なのでデザイン案も手書きで書いたものを紙ベースで持ち込んだり郵送したりすると
費用も時間もかかってしまいます。


パソコンやインターネットが使える環境であれば、データ作成はパソコンで行い、
打ち合わせは電子メールで行うようにします。


可能であればデータの作成はワープロや表計算ソフトではなく、デザイン向けのソフトを使って
発注する業者がほぼそのままで使えるようなフォーマットで提出します。


これによりデザインと校正にかかる時間が大幅に省かれ、納期の短縮につながります。
のぼり旗は屋外で使用することがほとんどになるので、長く使いたいと思われる方も多いはずです。


縁の加工や処理などの違いにもより納期に差が出てきます。
ひと口にオリジナルデザインののぼりとはいっても、状況により納期には差が出てきますが、
少量でデータ渡しなら約3日程度、それ以外は約2週間から3週間と考えるのがよいでしょう。

Copyright© のぼり旗のメリットを知る All Rights Reserved.